作業療法士が受けるべきセミナーとは

subpage01

福祉分野において、障害を持っている人たちや患者さんなどのリハビリテーションを担当する仕事の一つが、作業療法士です。
この仕事に従事するためには、指定の試験を受けた上で国家資格を取得することが必要になってきます。



作業療法士というのは、障害者や怪我・病気などにかかった人たちが、軽作業をこなすことによって、社会復帰を目指していくプログラムをサポートするための仕事です。



この作業療法を必要とする人たちに訓練を行っていくに当たっては、医師や看護師、理学療法士などと協力することになります。
また、場合によってはケアマネージャーなどとも連携が取られます。

作業療法士になるためには、指定の国家試験に合格しなくてはいけません。


しかし、試験に受かっただけでは、まだまだ実践的な経験は不足していると言って良いでしょう。
そんな場合に助けになるのが、作業療法士向けのセミナーです。
作業療法士向けのセミナーでは、具体的にどんな訓練を行うかといった講習や実技指導などが行われます。



また、患者さんや障害者など、利用者との接し方なども教えてもらうことができます。


セミナーは1日かけて行われることが多く、毎回様々なテーマが決められています。現場で今課題になっていることや、具体的な介護や介助の仕方などを教えてもらえるため、まだ現場経験のないか浅い人にとっても、とてもためになる内容となっています。
開催しているのは介護関係の会社や団体、専門学校などで、専門の資格を持った講師が指導に当たることが多いです。